おすすめ格安SIM MVNO比較

格安SIM MVNOのサービス比較をしています。特にネット使い放題、かけ放題に特化しています。

格安SIM MVNO

頂上決戦!?格安SIM楽天モバイルとイオンモバイルを徹底比較!

2016/08/10

両社の長所と短所を徹底比較してみました。ご自身に合うMVNOはどちらなのかこの記事か ら見定めてください。
この比較の場合、どちらを選んでも大きな損失はないようなとてもハイレベルな比較になります。業界王者のイオンモバイルか、全体的に遜色ない上さらに通話にも特化した楽天モバイルにするか、以下に詳しい比較を取り上げます。

両MVNOの特徴

両社ともに業界1、2を争うネームバリューですが、低価格さではイオンモバイルが群を抜いています。各プランごとでほぼ業界最安値を誇ります。
一方で楽天モバイルには伝家の宝刀「5分以内かけ放題オプション 」があるため、通話を多くする方には大きな魅力となっています。

楽天モバイルの強みはかけ放題サービス

楽天モバイルの強みはなんと言っても月額850円で5分以内の国内通話が何度でも無料にな るという「かけ放題オプション」 です。
これに月1000円ほどを加えるだけで、スマホ本体と高速データ通信までが付いてくるというコミコミプランまで用意されています。
コミコミプランには、料金プランが以下のように3タイプ用意されていて
コミコミプランS:月額1880円~で高速通信2GB
コミコミプランM:月額2480円~で高速通信2GB
コミコミプランL:月額2980円~で高速通信4GB
プランSは付いてくるスマホ本体が高スペックではないが価格が安め、MとLは高スペッ ク格安スマホが付いてくるコースとなっています。
とはいえ、
楽天モバイルのコミコミプランには大きな2つの注意点があります。
2年目からは月額料金が変わる点と、24か月の縛りがあるという点です。
実際1年経過後の料金はSプランが2980円、Mプランが3480円、Lプランは3980円となります。

イオンモバイルの強み1、端末分割金利が一切なし

楽天モバイルとは違い、イオンモバイルは端末の購入が必要ですが、分割払いにしたとしてもイオンカードのお支払いなら金利がかかりません。24ヶ月の分割払いにしたとして、月毎の支払いが900円〜2700円位までの機種を選ぶことができます。
これは考え方によっては、SIMプランについても端末についても選択の自由度がイオンモバイルの売りということです。

イオンモバイルの強み2、縛りが一切なし

イオンモバイルは途中解約の違約金などが一切発生しません。番号そのままの他社への切り替えMNPをしたとしても3000円で可能です。(さすがに最初の180日でのMNPは8000円になっています。)

コミコミプランとの比較

イオンモバイルの音声付き2GBデータSIMが1380円なので、ローエンドの端末を付ければ約2180円、ハイエンドの端末なら約4080円となり、1年経過後の楽天モバイルの料金と大差なくなってしまいます。
そこで、比較対象となるのは、機種が自由に選べて解約も自由にできるイオンモバイルか、縛りはあるがかけ放題ができる楽天モバイルかということになります。

楽天ポイントが使えます

楽天モバイルの特徴をもう1つ挙げるとすれば、楽天スーパーポイントが利用可能という点です。
普段から楽天でショッピングをよくされる方にはお得な特徴です。
基本使用料と端末の一括払いに楽天ポイントを使うことができますし、楽天モバイルでの利用金額100円につき1ポイントの楽天ポイントも貯まります。
ただし、ポイントでお支払い頂けるのは基本使用料と端末の一括払いのみで、端末を分割払いする際やオプション料金(5分かけ放題など)はポイントでのお支払いができません。
付与されるポイントも、端末代金や事務手数料などは対象外となります。

イオンモバイルはサポートも高評価

今度はイオンモバイルの特徴を1つ挙げるとすれば、全国のイオン店舗で、お申し込み、修理相談などのアフターサービスを受けられるという点です。直接対面でサービスを受けられるのは意外に安心感が大きいものです。
加えて電話でのアフターサービスもイオン品質でとても丁寧に受けられますが、お申し込みから31日間は無料となっています。使い始めに出てくる多くの疑問を最初の1ヶ月で全て無料で解消してしまうことができます。

結論

やはり楽天モバイルの強みは「かけ放題」ですし、特に最初の1年目は割引が利くため月々のお支払い額が非常に安くなっています。通話を沢山する方、2年間は楽天モバイルで使ってみるという気持ちがしっかりある方には、欠点という欠点がないように感じます。
一方で、それほど通話をしない方、あるいは一時的にスマホを持つ必要がありいつ解約することになるか未定の方などは、イオンスマホの推し出す「自由度」が大きなメリットになりそうです。
MVNO界の二大巨頭ですので、どちらもさすがのサービス体系です。どちらを選ばれても大きな損失はなさそうですが、ハッキリした特徴があることも確かです、是非選択のご参考になさってみてください。

-格安SIM MVNO