おすすめ格安SIM MVNO比較

格安SIM MVNOのサービス比較をしています。特にネット使い放題、かけ放題に特化しています。

楽天モバイル比較

格安SIMデビューを考えている方必見、楽天モバイルとFREETEL SIM、格安SIMそれぞれの特徴を徹底比較!

2017/01/26

格安SIMについて調べれば必ず耳にするビッグネームの2社を徹底比較してみました。MVNO(格安SIM販売会社)としてどちらがご自分のニーズにピッタリかこの記事から見定めてください。
一言で言うと、楽天モバイルには絶対的な安定感がありますが、格安SIMを初めて使ってみたいというかたにはFREETEL SIMを断然お勧めします。

MVNO両社の共通点

業界のビッグネームですので、全体のプラン料金を見てみてもどちらも業界屈指の低価格で魅力的なサービスを提供しています。
通話をたくさんする方々にはどちらにもかけ放題プランがあります。
料金プランの種類の多さ、選べる機種の多さ共に両社引けを取らないバリエーションを用意しています。
どちらもドコモ回線ですし全体を見てみると一般的な必要はしっかり満たしてくれるMVNOである事は間違いありません。

楽天モバイルの大きな特徴

楽天モバイルはかけ放題プランの先駆けです。「5分以内かけ放題オプション 」月額850円が大きな売りです。その名の通り月額850円で5分以内の国内通話が何度でも無料になるというものです。
そのかけ放題に、スマホ本体とデータ通信までが付いてくる「コミコミプラン」月額1880円〜も大人気のプランです。
コミコミプランとして以下のように3タイプが用意されています。

コミコミプランS:月額1880円~で高速通信2GB +普通のスマホ
コミコミプランM:月額2480円~で高速通信2GB+ハイスペックスマホ
コミコミプランL:月額2980円~で高速通信4GB+ハイスペックスマホ

FREETEL SIMの大きな特徴

楽天に追いつけとばかりに、FREETEL SIMにもかけ放題プランが用意されました。しかも「1分かけ放題」月額399円と「5分かけ放題」月額840円です。楽天を意識しているのでしょうか月々10円安いです。
制限時間経過後の通話は、両社ともに30秒につき10円です。
さらにFREETELは無料アプリを使うだけで、通話料金が30秒につき10円となります(通常は20円)。なので通話をほとんどしないという方はかけ放題プランさえ外せるかもしれません。

FREETEL SIMはたったの299円

もしも、全く使わないけど携帯を持っておく必要があるという方には最低基本利用料299円は業界最安値です。それでも月に10回くらいは地図の検索ができますし、ネットでニュースを見たりはできます。
ここに1分かけ放題を加えたり、予算に応じて選べるバリエーションは豊富です。

FREETEL SIMのセットプラン

FREETEL SIMのホームページを見ると、セットプランで今オススメされているのが月々600円ほどの機種とのセット販売です。こちらは高速通信に対応しています。
そこに通話、データSIMを加えさらに5分かけ放題もくわえると600円+1600円+840円で合計が3000円ほどになります。楽天と同じ2GBプランがないのでしっかりした比較ができませんが、若干FREETELの方が高いかなという感じです。そこで大事になるのが時々開催されるFREETELのキャンペーンです。何百円かの割引キャンペーンが楽天との差を埋めてくれます。

FREETELの強み 解約自由

ここまで見てみると両社のメリットは拮抗している感じですが、冒頭タイトルに掲げた通りFREETELには大きな切り札があり、それが途中解約の違約金が一切発生しない点です。
加えて、FREETELは30日間返品保証もしています。つまり機種のお試しが出来るのです。それで、これから格安SIMを試してみようかなと思っている方には特に超おすすめということです。
ただし、そのつもりであれば最初のうちはあまり通話はヘビーに使わない方が良いかもしれません。なぜなら、MNPに関してだけはFREETEL SIMは厳しい扱いをしています。番号持ち運びは15000円〜と業界内でも屈指の高額請求です。もちろん1年以上使えばMNP料金も2000円まで下がり安心してSIM会社の変更が検討できるようになります。
早いうちはあまり電話番号を広く知らせていなければ、不都合が生じたときにMNP無しであっさり解約することができます。

使える貯まる楽天ポイント

触れない訳にはいかない楽天モバイルの特徴はやはり、楽天スーパーポイント、楽天ショッピングを普段かなりされる方には確実にお得な特徴です。
基本使用料と端末の一括払いに楽天ポイントを使うことができますし、楽天モバイルでの利用金額100円につき1ポイントの楽天ポイントも貯まります。(端末の分割払いやオプション料金(5分かけ放題など)にはポイントでのお支払いができません。ポイントの付与も端末代金や事務手数料などは対象外となります。)

結論

楽天モバイルは全体的にデメリットのないサスガのサービスです。楽天ポイントの魅力も大です。しかし、FREETEL SIMがそれにほとんど遜色ないこともお分かり頂けたのではないでしょうか?
そこで、細かいサービスが威力を発揮します。いつでも解約できる点、使わなければ299円のみ、機種のお試しができるなど、FREETEL SIMのユニークな特性は条件が当てはまる人には大きな魅力です。

-楽天モバイル比較