おすすめ格安SIM MVNO比較

格安SIM MVNOのサービス比較をしています。特にネット使い放題、かけ放題に特化しています。

定額かけ放題

DMM mobileのかけ放題サービス デメリットも含めて比較してみました!

最近はMVNO同士の「電話かけ放題サービス」争いがますます白熱してきました。
これまでは提供していなかった会社も、続々と無料通話サービスを提供し始めています。

今回は満を辞してのサービス提供を始めたDMM mobile をピックアップします。

どんなサービス?

まずはサービスの内容そのもののご紹介です。

サービス名:5分かけ放題
月額料金:850円
サービス内容:5分以内の国内通話は回数無制限でかけ放題となります

気になるポイント大丈夫?

「かけ放題サービス」には幾つか気になる点がありますので、DMMはその点どうなのかをご紹介しましょう。

5分超過後の通話料:10円/30秒
通話品質:電話回線
アプリ:あり

超過後の通話料

通話料が20円/30秒というのが、今の主流です。
それをオプションサービスなどで半額にしてくれるところが多いのですが、DMMの場合は無料通話超過後も10円/30秒で通話が続けられます。

小さな違いに見えますが、積み重なると月間でかなりの差額が生まれる大事なポイントです。

通話品質

かけ放題にはIP回線のものもあり、猛烈に低価格な反面、通話品質がイマイチとの評判もあります。

その点DMMは電話回線を使用していますので、かけ放題だからといって通話品質も問題ありません。

発信用アプリの有無

かけ放題にするためには通常、専用番号からの発信が必要です。

その点DMMは専用アプリを用意していますので、アプリを一度ダウンロードしそのアプリから発信するだけで、5分通話を無料にするためにわざわざ専用番号を押す必要がなくなります。

縛り

MVNO選びで絶対に外せないポイントの一つが「縛り」つまり最低契約期間とそれに伴う違約金です。

DMMは12ヶ月以内の解約に9000円という縛りを作っています。

業界全体を見て比較すると、この縛りはいたって「標準レベル」です。もっときつい会社もあれば、もっとゆるい会社もあります。

DMMのかけ放題を他社サービスと比較

こうして見てみるとDMMのサービスは、十分及第点クリアーです。大きなデメリットはありません。

では今度は、他社の同等サービスと比較してみたいと思います!

純粋な月額料金と、縛りなどを含めた総合評価の2点で比較してみます。

月額料金比較

かけ放題の比較なので「とにかく通話がしたい!」というユーザーを念頭に比較します。
ですので、付帯するデータ量よりも、かけ放題がついての月額料金最優先で比較してみます。

まずはDMM自体ですが、DMMが提供する通話SIMの最安のものは、月額1260円で1GBのデータがついてくるものです。

ここに月額850円のかけ放題サービスをつけると合計は2110円となります。

DMMのかけ放題を最安で使うには2110円必要!と言うことになります。

他社はどうかというと、業界最安は b-mobileです。月額1800円で1GBのデータが付き、そこに3分の通話が50回までのかけ放題サービスがついてきます。

とはいえ、確かに1800円ポッキリでかけ放題というのは魅力的ではありますが…月に50回では、毎日2回通話をするとサービスオーバーになります。

さすがに一日2回の通話までというのはキツイかと思いますが…一応、最安です…

2位争いからは、一気に混戦となります。

DTi SIMは、月額1980円で1GBのデータに5分の通話が無制限というかけ放題がつきます。

イオンモバイルは、同じく月額1980円で0.5GBのデータに5分の通話が無制限というかけ放題を17年3月からスタートしました。

その後ろに、FREETELやBIGLOBE、楽天モバイルといった、誰もが知っている有名どころが続きます。

実際に見てみると、どの会社も価格やサービスに大きな違いはありませんが「10円でも安く!」というユーザーの声にしっかり答えている点で、トップ3はやはりスゴイです。

かけ放題のサービス総合比較

トップ3同士の比較ですが、まずは無料通話超過後の通話料金は以下の通りです。

●b-mobile:30秒/10円
●DTi SIM:30秒/20円
●イオンモバイル:30秒/10円

そして、重要ポイントの「縛り」はどうなるかという結果はこんな感じになります。

●b-mobile:8000円/4ヶ月
●DTi SIM:9800円/12ヶ月
●イオンモバイル:なし

この比較からすると一番のオススメは「イオンモバイル」!ということになります。

実際問題業界全体を見ても、最低契約期間や違約金が一切ない!というのはイオンモバイルの強力な武器となっています!

DMM-mobileかけ放題プランの総評

この比較をご覧になっていかがでしたか?

強力なMVNOですし、評判も良いですし、サービスも充実しています!選んで損のない会社です。
ただし、こうして比較してみるとやはり「上には上がいる」という結論を出さざるを得ません。

ここまで価格競争が激化すると「かけ放題も月額2000円を切る」レベルでないと、最強争いには加われなくなっています。

ユーザー側としては低価格化が進むのは歓迎すべきことなのですが、どの会社も頑張っているので少し同情を覚えてしまいます。

とはいえ、MVNOの比較ではいつも同じ結論になってしまうのですが、格安SIM選びは結局のところ「バランス」が大切です。

今回の比較は、一つの目安としていただいて、サービスプランの量や、選択できる端末の種類、ポイントサービスなど、他の要素も全て含めて、トータルでご自分にぴったりな会社を見つけ出してください。

さて、皆さんにとってのNo.1 SIMはDMM-mobileでしたか?

それとも、別のMVNOだったでしょうか?

-定額かけ放題