おすすめ格安SIM MVNO比較

格安SIM MVNOのサービス比較をしています。特にネット使い放題、かけ放題に特化しています。

定額かけ放題

IPかけ放題プラン「NifMoでんわ」を徹底検証してみました。

2017/01/15

NifMoのIP電話かけ放題サービスを徹底比較してみました。
サービス内容はこんな感じです。

サービス名:NifMoでんわ
月額オプション料金:1300円(国内専用)、2700円(海外も無料)
サービス内容:国内の通話が無料になるサービスと、国内、海外共に通話が無料になるサービスです

NifMoでんわの基本情報

NifMoのかけ放題サービスは、IP回線を使った何度でも時間制限なく通話が可能なかけ放題サービスです。
とはいえ実際には、一度の通話の90分経過後は一旦通話が切断されてしまいます。もう一度掛け直せば問題はありません。

国内の通話は、携帯電話宛て固定電話宛てにかかわらず無料となります。これで月額1300円のサービスです。ここにさらに1400円を加えることで、海外への通話もかけ放題となりますが、対象国に関して制限があります。固定電話宛てで50カ国近く、携帯電話宛てで20カ国近く対象になっています。

無料通話には専用アプリが必要です。アプリを使わずに発信することも可能で、その場合は20円/30秒の通話料金が発生します。
IP電話は一般的に110や119のような緊急電話には対応していませんが、二フモのサービスはアプリを使わなければ一般通話が可能なので、いざという時には緊急連絡をすることも可能です。

IP電話は全てそうですが、通話のたびにデータ量を消費していきます。二フモのHP上では30MB/1時間通話とのことです。
では、実際に使った場合の出費を検証してみます。

NifMoでんわをシミュレーションしてみると…

NifMoでんわには初期設定費用として3000円が必要になります。これは大体どこの会社も必要になるものなので仕方ないと思います。
ここに音声対応SIMの月額費用700円が必要になり、さらにそこにデータに応じた利用料が月ごとに必要になります。選べるのは3GB(900円)5GB(1600円)10GB(2800円)の3種類です。なので、例えば3GBデータを付けてかけ放題が使いたい場合は月額合計金額は2900円となります。

ではこの金額を、他社のサービスと比べるとどんな感じになるかをご紹介します。

NifMoでんわを他社サービスと比較してみると

まずはNifMoでんわがIP通話ということでIP通話のかけ放題を提供している会社と比較してみます。分かり易い様にかけ放題に3GBのデータを付けた料金で比較してみると…

例えば、イオンモバイルには「050かけ放題サービス」というものがあり月額2480円です。ここは3GBデータ付きのプランがなく、4GBデータが付いてきます。それでもNifMoよりも安いです。ちなみにイオンもwi-fi環境があれば海外への無料通話も可能です。なのでイオンはNifMoよりもオススメということになります。

全く同じサービスではないので純粋な比較は難しいですが、NifMoよりもお得な感じがします。
是非、イオンのサービスもご検討ください。

次は、IPではない通常の電話回線はどうなるかを検証します。

料金としては現段階ではIPの安さに電話回線は全く歯が立ちません。

例えば、無制限かけ放題となると、もしもシークスの「かけ放題フル」サービスが月額3980円で、無制限かけ放題です。

あるいはワイモバイルには「スーパーだれとでも定額」サービスがあり、月額4980円です。

どちらも3GBのデータが付属しますが、明らかにNifMoでんわよりも高額です。電話回線の通話の品質の安定性を求める方はこれらの電話回線を検討するのもありかと思います。

完全無制限までは必要ないという方には選択肢がさらにあります。
値段で安い方からご紹介すると…

例えば、DTiですと5分何度でもかけ放題に3GBのデータを付けて2270円というプランがあります。

BIGLOBEには、一度のかけ放題時間は3分ですが、3GBのデータを付けて月額2250円というプランがあります。

これらはほんの一例ですが、NifMoに月額2900円を支払えるご予算であれば、電話回線の中にもかなり選択肢があることはご理解いただけると思います。

是非、電話回線のMVNOも一度ご確認ください。特に上で紹介した、DTiとBIGLOBEは料金面でも、サービスの内容面でも相当オススメできるMVNOです。
かけ放題のある格安SIM MVNO比較

NifMoでんわの総合評価

総合評価として、NifMoでんわには強烈なパンチが足りない感じを受けました。
確かに、料金は非常に安く、縛り(最低利用期間、違約金が発生する)がなかったりメリットはたくさんあるのですが、それは他社のIP回線のかけ放題も採用しているので、より月額料金の安い楽天やイオンの方がオススメになってしまいます。
そして、IP電話のネックは何と言っても通話品質です。最近はかなり改善されたと言われますが、音声の通話品質や、回線の安定性ではどうしても電話回線の安心感にはかないません。

そして、電話回線のサービスには完全かけ放題とまではいかなくても、十分に便利なかけ放題サービスがかなりの低額で提供されているので、そちらもかなりオススメです。

NifMoでんわの評価はかなり辛口になってしまいましたが、大きな欠点があるわけではないので、一度他社のサービスもご検討いただいた上で、改めてNifMoでんわを選ばれるのであれば、きっと長くお付き合いいただける会社だと思います。

実際、NifMoのサービスの目玉の一つに、提携会社でお買い物をするたびに携帯料金が安くなっていくというものがあります。もしかすると、付き合いが長くなるほどNifMoの良さが出てくるのかもしれません。

-定額かけ放題