おすすめ格安SIM MVNO比較

格安SIM MVNOのサービス比較をしています。特にネット使い放題、かけ放題に特化しています。

定額かけ放題[3分,5分]

5分かけ放題サービスも一緒になった格安SIM楽天モバイルコミコミプランを比較してみました。

2017/05/11

楽天モバイルのかけ放題サービスも合わせてコミコミプランを徹底比較してみました。
サービスの内容はこのようになっています。

サービス名:コミコミプランS, M, Lにコミコミの楽天でんわ5分かけ放題
月額料金:コミコミプランS:1880円〜
コミコミプランM:2480円〜
コミコミプランL:2980円〜
サービス内容:5分以内の国内通話が何度でも無料となります。

楽天モバイルのコミコミプランの基本情報

楽天モバイルのかけ放題サービス「楽天でんわ5分かけ放題」は月額基本料金が850円で、5分間の国内通話が月に何回でも無料となるサービスです。

そして今回検証する「楽天モバイルのコミコミプラン」とは、このかけ放題サービスと、データ通信月額基本料と、スマホ本体料金、を全て含めたサービスです。

コースは付属するデータ量と、付属するスマホ本体に応じて3コース用意されています。ちなみに「楽天モバイルのコミコミプラン」はどのコースも1年目、2年目、3年目以降と月額料金が変動します。

一番低価格のコミコミプランSは月額料金が1年目:1880円、2年目:2980円、3年目以降:2446円となります。選べるスマホ本体は、オーソドックスなものですが、通常使用には十分なものです。ここに毎月データが2GBと5分かけ放題が付きます。
月額料金は3年間を平均すると2435円です。

コミコミプランMは月額料金が1年目:2480円、2年目:3480円、3年目以降:2230円となります。選べるスマホ本体は、コミコミプランSよりもハイスペックなものです。ここに毎月データが2GBと5分かけ放題が付きます。
月額料金は3年間を平均すると2730円です。

コミコミプランLは月額料金が1年目:2980円、2年目:3980円、3年目以降:2613円となります。選べるスマホ本体は、楽天が提供する中では最もハイスペックなものです。ここに毎月データが4GBと5分かけ放題が付きます。
月額料金は3年間を平均すると3191円です。

5分かけ放題を使用するために、楽天でんわというアプリが用意されており、これを使えば、仮に5分を超過した場合にも、10円/30秒で通話を続けることが可能です。

楽天モバイルからはこの他にも、IP回線を使用するかけ放題も用意されていますが、コミコミプランに含まれるかけ放題はドコモ回線を使用したものなので、通話品質も通話の安定性も、安心してご利用いただけます。

では、これがどの位サービスとしてお得なのかを、他社の類似サービスと比較してみたいと思います。

楽天のかけ放題付きコミコミプランを他社サービスと比較してみると

コミコミプランの注目点は端末代込みでの提供という点です。

これは言い換えれば、端末にこだわりのない方には魅力的な一方で、お使いになりたい端末が決まっている方には妥協が必要になってしまうサービスです。
上で述べた通り、楽天は3年目までは月額料金を変動させるため、他社サービスとの比較がとてもしにくいのですが、上で出した3年間の平均値を使って比較してみたいと思います。

(3年目がかなり安くなるので、3年間以上ご利用にならないとこの比較の効果が出なくなってしまいます。)

では試しに、コミコミプランSの「月額2435円で2GBデータに5分かけ放題」という条件を他社と比較して、どうなるかを見てみましょう。

2GBのデータが付くプランを用意している会社が意外に少なく比較が難しいのですが、例えば3GBついて5分かけ放題ですと、FREETELが月額2440円、IIJmioが月額2430円です。どちらも若干楽天よりも安く、データが1GB多いですが、これらには端末代金は含まれませんので楽天のコミコミプランの方が断然オススメです。
この条件では、DTiSIMに月額2270円というダントツの低価格サービスがありますが、これも端末代金は別なので、やはり楽天がお得です。

楽天を検討する上で押さえておかなければならないのが「縛り」です。コミコミプランには24ヶ月の縛りがあり、その期間未満で解約すると違約金として12000円が請求されてしまいます。

ちなみに上で比較した各社の縛りはというと
FREETELは「縛り」は基本ありません。番号を変えずに他社に乗り換えたい場合にはMNP番号発行料がかかり15000円から契約月数が1ヶ月経過するごとに1000円ずつ減っていき、13ヶ月目以降は2000円となります。
IIJmioは12000円の違約金が契約月数が1ヶ月経過するごとに1000円ずつ減っていき、12ヶ月目以降は違約金がなくなります。
DTiSIMは12ヶ月以内の解約に9800円の違約金が発生します。

こうして見てみると楽天の「縛り」のキツさがお分かりいただけると思います。もしも楽天を乗り換える気は少なくとも24ヶ月はないという方であれば、コミコミプランのお得さを十分味わっていただけると思います。

楽天のコミコミプランに含まれる、でんわ5分かけ放題の総合評価

総合評価としては、楽天のコミコミプランはかなりオススメです。
中でもスマホ端末にこだわりのない方には、特にオススメです。

上で強調させていただいた通り、このサービスの注意点は「縛りの長さ」に尽きます。そこと、端末へのこだわりという2点をクリアーした方は是非とも楽天コミコミプランをご検討ください。一年目は特に格安でご利用いただけます。2年目は月額料金が高くなりますが、3年目に入ると再び一気に下がります。つまり、長く付き合うほど楽天コミコミプランは使いやすくなって行きます。

5分かけ放題オプションのある格安SIM MVNO比較一覧

もう一点付け加えさせて頂けるなら、楽天ポイントについても是非チェックされてください。
楽天市場など、楽天とのお付き合いが普段からある方には、SIMのご利用でもポイントを貯めたり、支払いにポイントを利用したりもできますので、この点を踏まえても、じっくりお付き合いされる方には楽天モバイルのかけ放題サービスは使いやすいサービスになると思います。

楽天のコミコミプラン+かけ放題サービス、是非一度ご検討ください。

-定額かけ放題[3分,5分]